アロマセラピー | 横川医院
文字の大きさを変更 

アロマセラピー

代替療法(補完療法)としてのアロマセラピー(芳香療法)
 

最近、新しい医療として代替・補完療法が注目されてきていますが、そのひとつに、女性の間で特に人気が高まってきている“アロマセラピー”があります。
アロマセラピーは、ヒトの自然治癒能力を、良い香りのよって引き出し、精神・身体を癒すことです。
近年、「病気」の性質が変化してきました。医学の進歩により、感染症や伝染病が蔓延するということは少なくなりましたが、
多くのストレスを抱える現代社会では原因がわからないけれど体に不調があるという、不定愁訴で悩む方が多くなりました。
特に女性は更年期に入ると血液検査では問題がなくても、めまいやイライラなどの症状が現れることがあります。
このような「病気ではないかもしれないけどなんとなく健康でない」状態にも、アロマセラピーは効果を発揮します。
例えば、女性ホルモンのバランスを整えるクラリセージやイランイラン、むくみや冷え症にペパーミント、落ち込んだ気分を解消するラベンダーなど、症状に合わせたアロマオイルで施術を行います。

横川医院では、新しい医療のひとつとしてアロマセラピーを始めます。
施術をご希望の方は受付まで。

 

対象疾患:進行癌(疼痛緩和)・慢性難治性疾患・心身症・偏頭痛
(施術の性格上、女性限定とさせて頂きます)
(この施術は保険適用外となりますのでご了承ください)

 

アロマセラピスト : 長島 奈美(英国IFA/ITEC認定)