横川医院だより | 横川医院
文字の大きさを変更 

横川医院だより

「コロナ

コロナ疲れ・・・ストレスになっていませんか?

新型コロナウィルス感染症の流行は、8月が終わってもまだ終息が見えない状態です。感染しないようにと気を使うことも、期間が長くなるとつらくなってきます。意識をしていなくてもこんなことがストレスになっているかもしれません

・自分や家族の健康に関する不安
・睡眠や食事パターンなどの変化
・睡眠不足
・慢性的な健康問題の悪化
・アルコールやタバコなどの使用量

ストレスの感じ方は一人ひとり違います。特に、
・高齢者や新型コロナウィルス感染症重症化のリスクが高い方
・お子さんや10代の人
・新型コロナウィルス感染症患者さんに対応する人

などは、ストレスを特に感じる可能性があります。

もし、ストレスを感じたら、少し意識してストレスを軽減してみましょう。
例えば、

・ソーシャルメディアから離れる時間を持つ
 情報の収集は大事ですが、テレビやネットニュースを繰り返し見ていると、動揺してしまうこともあります。

・身体のケアや運動:深呼吸、ストレッチ、瞑想
 人ごみを避けて少人数で散歩する
 家の中でできる運動をする          

・バランスの取れた健康的な食事
・十分な睡眠
・リラックスする時間を作る
・他の人とかかわる
 電話や手紙、メールなどで交流しましょう


新型コロナウィルス感染症に関しては、まだわかっていないことも多く、不安ではありますが、不安定な時期だからこそ、ストレスへの対応を心掛けることは重要です。