横川医院だより | 横川医院
文字の大きさを変更 

横川医院だより

シーズン到来です

今月はじめの大雪の後、気温が一気に上昇しはじめました。もうすっかり春なのでは?と勘違いしてしまいそうに暖かい陽気です。日本気象協会によると、2024年のスギ花粉シーズンは、ほぼ例年並みの時期にスタートするそうです。関東甲信の一部は2月上旬から飛散開始となる見込みですが、スギの雄花は、初冬に冷え込みが厳しいと休眠打破が順調に進み、休眠から目覚めた後は、暖かいほど開花が早くなる傾向があります。

毎年のことですが、花粉症対策は以下の3つが重要となります。とにかく花粉を寄せけない、ということです。

  • 身の回りに飛散する花粉量を減らす
  • 花粉の体内への侵入を防ぐ
  • 花粉症の症状の軽減

特に、自宅に花粉を持ち込まないよう、花粉が付きにくい素材の服を着て玄関の前ではたいて落としたり、こまめに掃除をしたりすることをお勧めします。
掃き掃除よりも拭き掃除の方が花粉が舞わなくてよいかもしれません。
また、空気清浄機を上手に使うこともお勧めです。
屋外ではマスク、メガネなどで体の中に花粉が入らないように注意します。

花粉症の症状を早期に抑え、悪化を防ぐには、くしゃみ・鼻水などの症状がでたり、出そうだなと感じた時に「抗ヒスタミン薬」や鼻づまりに効く「抗ロイコトリエン薬」を内服する初期療法がお勧めです。市販薬でもありますが、やはり医療機関を受診されることをお勧めします。
また、今シーズンは間に合いませんが、スギ花粉症の時期が過ぎた5月、6月あたりから、「舌下免疫療法」を行うことで、来シーズンの重症化を防ぐことが出来ます。こちらは医療機関での治療となります。
詳しくは当院のサイトをご覧ください。