横川医院だより | 横川医院
文字の大きさを変更 

横川医院だより

 

2度にわたる台風で被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、猛暑といわれた夏もようやく過ぎ、今度は朝夕の寒さが身に染みてまいりました。本来や気持ちの良い、秋の気候を満喫したいところですが、今年はすでにインフルエンザの流行が始まったところもあるようです。ラグビーワールドカップ開催などで外国からの来日も多く、南半球で流行しているインフルエンザの菌が入りやすくなっているということも否定できませんが、そういった特殊な事情というわけではなく、日ごろから予防を心掛け、早めのワクチン接種を行うことをお勧めします。

インフルエンザの感染経路は飛沫(ひまつ)感染と接触感染です。

飛沫(ひまつ)感染

・感染した人の咳やくしゃみのしぶきに含まれるウィルスを吸い込むこと

・予防には、咳やくしゃみが直接人にかからないようにマスクやティッシュなどで防ぐ「咳エチケット」が効果的

接触感染

・ウィルスの付着した手で、目・口・鼻を触ることによる感染

・予防には、手洗い・消毒が効果的

毎年の繰り返しになりますが、かからないため、感染を広げないために気を付けておきたいですね。

もし家族がインフルエンザにかかってしまったら、

・看護する人を決める

・看護するときは使い捨てマスクや手袋を着用

・患者さんが休養する環境を整える

を守りましょう。

また、体調がおかしいな?と思ったら、自分で判断せずにすぐにかかりつけの医院を受診しましょう。

横川医院では、10月よりインフルエンザの予防接種を行っております。

お気軽に窓口でお問い合わせください。