横川医院だより | 横川医院
文字の大きさを変更 

横川医院だより

 

 6月から始まった梅雨もそろそろ終わりをむかえるのでしょうか。
多少気温が低いとはいえ、ジメジメとしたこの時期は、外出の予定が立てにくい、洗濯物が外に干せないなど、私たちの生活に少なからず影響をあたえます。

そんな中、特に注意しなければならないのは食べ物。食中毒の予防です。食中毒にはウィルスが原因のものと、細菌が原因のものがあります。この時期に多いのが細菌が原因の食中毒。細菌類の大きな栄養分の一つは「湿気」なので、湿度や温度が高くなる梅雨は細菌の繁殖に適しているのです。

食中毒予防の3原則は、細菌を 

「つけない」
「増やさない」
「殺菌する」

です。日頃から上手に食中毒対策を取ることで、食中毒の発生を未然に防ぐことが出来ますので、梅雨の時期は特に気をつけましょう。

厚生労働省では、「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」という動画を公開しています。わかりやすいアニメーションで表示されていますので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

厚生労働省:「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント