横川医院だより | 横川医院
文字の大きさを変更 

横川医院だより

 

 

今年も「インフルエンザ」という言葉を耳にするようになりました。
インフルエンザは毎年12月~3月くらいまで流行が続きます。
ワクチンは、接種後2週間くらいから効果が始まり、約5か月ほど続きます。
病院での予防接種は10月から始まっていますが、いったいいつ予防接種をしたら一番効果があるのか・・悩みますね。

これは大人の場合と13歳未満の子供の場合で異なります。
大人の場合は、1回の接種ですので、効果が出るまでの間が2週間、11月中に行っていれば本格的な流行が始まる12月には間に合います。
それに対して13歳未満の方の場合は2回接種になります。この場合、接種の間隔をあけないといけないことや、
2回目摂取後さらに数週間してから予防効果が発揮されることを考えると、1回目はできるだけ早めに受けることをお勧めします。2回目は2週以上あけてから、できれば11月末までに行うとよいでしょう。

インフルエンザの予防接種を行っても、絶対にインフルエンザにかからない、という事ではありません。
このため、「やっても意味がない」「ウィルスの型が違うと、効果がない」とのご意見もあるのですが、決してそんなことはありません。
インフルエンザの予防接種をしておくと

  • 発症を予防する
  • 重症化を防ぐ

 

 

ことが出来ます。特に2番目の、重症化を防ぐことがとても重要になります。合併症など、予想もしないほど悪化することもありますので、ぜひその予防のためにも接種をしておきましょう。

横川医院では、1歳からインフルエンザの予防接種を受け付けております。
また、小さいお子さんの場合は、ほかの予防接種との関係もありますので、気になることはお気軽にご相談ください。